オイリー肌を改善するスキンケア方法

実は洗顔にも順番があります

洗顔はどうやって行っていますか?CMや商品の使用イメージ写真などで、頬に泡が乗っているのをよく見かけると思います。しかし、肌質問わず、額や鼻などのTゾーンから洗顔することをお勧めします。基本的に、Tゾーンには皮脂が多く、それ以外の頬や顎などのUゾーンは乾燥しやすい場所となります。洗顔料は、汚れや皮脂を落としてくれる働きを持っていますが、乾燥しやすい部分に長い時間乗せてしまうと、必要な水分まで奪われてしまいます。そのため、油分の多い部分から洗顔を始めることで、肌の水分量の均一化を目指します。また、強い力で擦ることは絶対にNGですが、洗い残しの無いようある程度の時間をかけ、丁寧に行うようにしましょう。手をゆっくり動かすことで、力が入りにくくなるため、是非試してみてください。

オイリー肌も保湿は必須です

オイリー肌の原因の一つとして、水分が不足している場合があります。肌が乾燥すると、皮脂を過剰に分泌し、不足している水分を補おうとします。これがテカりなどの原因となります。つまり、オイリー肌な人にとっても、保湿は必須となります。化粧水などを含めた一般的な液体は、温度が上がるほど粘度が下がります。掌で少し温めてから塗布することで、吸収率を高めることができるためお勧めです。

また、乳液を付けることでテカりやすくなると聞いたことがありませんか?実は、逆なんです。せっかく化粧水や美容液で水分を補給をしても、蓋をしなければ蒸発しやすくなってしまいます。この蓋の役割を乳液が担ってくれるため、省いてしまっている人は見直してみましょう。乾燥しやすい頬などのUゾーンから塗布し、次にTゾーンに移ることでバランスが取りやすくなります。