乾燥肌を改善するスキンケア方法

保湿ケアを怠らないこと

乾燥肌というのは、肌の表面のみならず、肌の内側が乾燥している場合も多いです。そのため、乾燥肌を改善するためには、保湿ケアを徹底して行うことです。まず、化粧水はたっぷりと惜しげもなくお肌に与えてあげることです。入浴後、肌の乾燥は待ったなしで始まってしまいますよ。そのため、お風呂からでたらまずは化粧水導入剤を使って手早くお肌の水分補給を行います。これは、お風呂からでた時に水を一杯飲むことと同じことで、お肌の水分を手早く補給するのです。その後、化粧水を惜しげもなくたっぷりとお肌に与えてあげるのです。乾燥肌の場合、肌に水滴が肌の表面に残るほどたっぷりと保湿をします。そうすることで肌の内部まで水分が浸透していきます。

水分は蓋をして逃さない

砂漠肌になりやすい乾燥肌にとって、たっぷりと保湿をすることは大切です。ただし、それだけではすぐに水分が蒸発していってしまうので要注意!乾燥肌にとって大切なことは、たっぷりと保湿をしたお肌に、しっかりと蓋をすることです。蓋の役割を果たすのが、美容オイルなのです。美容オイルは肌に皮膜を張り、水分の蒸発を防ぐ効果を期待することができますよ。美容オイルで皮膜を貼ることで、たっぷりとお肌に与えた水分がしっかりとお肌の内部に閉じ込められるのです。そうすることで、砂漠肌になりやすいお肌もしっかりと潤いをキープすることができるのです。ただし、オイルは1滴が適量で、肌にスーッとなじませるようにすることが大切です。